2005年10月02日

バカ小学生まきこ

もうすっかり10月。
秋ですねぇ。

まきこです。

ワタクシ、数少ない友達の中でも「アイツはバカだ」
と言われることが多々ありますが、
小学生の頃も、やっぱり類い希なバカでした。


@バカな小学生 その1

私は地域の小学校ではなく、家から遠い小学校に通っていたので、
バス通学をしていました。

学校からバス停までの途中。
〜バカ小学生まきこの頭の中〜
「おぉ〜カップルが歩いてきたぞ!でへっ」

あちらの方から歩いてきたカップルに対し、
♪「昨日ね、ごはんが『カップ』に『ルゥー』だったの。
  合わせて『カップ・ルゥー』!!!」

大声で叫んで、からかおうと思ったバカ小学生。

予想に反して、カップルは無視してたけど…


Aバカな小学生 その2

小学5年生の頃から、一応本格的に塾に行かされていた。
あまり勉強は好きじゃなかったけどね。

中学校入試を控えていたある冬の日。

〜バカ小学生まきこの頭の中〜
「あ〜塾行きたくなぁぁい!
 よぉ〜し、さぼってやろっと。」

どうやってさぼろうとしたか。

「トイレで、う○こをしている間に寝てしまって、
 準備をするのが遅くなってしまったし、
 おまけにおなかもちょっと痛いから、
 塾休んでいい??」

とお母さんに、塾が始まるぎりぎりの時間に懇願したところ、
あえなく却下。かなり叱られて、すぐ塾まで飛ばされてしまった。


バカ小学生時代をまた思い出して、強力なものを書き留めておきます。
posted by あなたのまきちゃん at 16:57| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

愛しのホリエモン

どうも〜
萌え萌えまきたんです☆
ぷんぷんっ☆★


(失笑)


さて、最近夢見ました。

私の彼氏があのホリエモンだったとです…


私の夢劇場は最高に面白い。
まず自分が主人公。
そしてバラエティーにとんだ人が続々と出演してくれます。
ギャラを払わなきゃいけないくらいの、体当たりの演技で。

5年くらい前の初夢は、タッキーが登場。
私の卒業した中学校で、タッキーといちゃついていたら、
フライデーの記者が激写!!!
(何を隠そう、私はフライデーのヘビー読者。)
カメラマンのフィルムを奪おうと、タッキーと二人で、
ジャッキーチェーンばりに追っかけるという、
ハードコアな仕上り。

フォ〜。

で、ホリエモンの夢はというと、
まず、私とホリエモンは結婚を約束している間柄。
噂の彼女を強引に別れさせての、略奪愛―という設定だった。
もちろん私もヒルズにちゃっかり同居していました。

広島で、愛しの彼が亀ちゃんと必死に争っているその時、
豪華マンションで、カルビーポテトチップスをがむしゃらに食べていた私。

で、敗戦に散り、目も真っ赤にして東京に戻ってきたホリエモンを、
優しく励ましながら、ホリエモンにも、何故かポテトチップスを勧めていました…


すみません、オチはありません。


ただ、テレビでホリエモンを見る度に、
以前はあんなに気持ちが悪かったのに、
ホリエモンが愛しく見えて仕方がありません(笑)
posted by あなたのまきちゃん at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

お大事に〜

こんにちは。ジョンくんです。

先日はOLの制服で興奮しましたが、
今回は世の男性のほとんどが大好き・看護婦さんの白衣の話です。
それにしても、僕は制服フェチなんだろうか…

最近体調が悪く、夏の疲れだろうと思い、様子を見ていたけど、
出張中さらに体調が悪くなり、熱も出てきたので、
病院へ行くことにしました。

とある田舎のふつうの病院。
中にはいると多くの老人が待ち合わせ室にいて、
僕も同じように順番を待つこと約30分。

“ジョンさん、診察室にお入りください。”

診察室に入るや否や、心のなかで“お〜お〜”と叫んでしまった。
なんとピンクの白衣を着た看護婦さんが。
白衣じゃない。ピンク衣だ。
それになんとスカートの丈が短い、いや短すぎる。
先日のOLの比じゃない。
完全に膝上のスカートだ。
ここはイメクラか?

看護婦さんに血圧や熱を計られる僕。
もうドキドキ“もぉ〜血圧も熱も上がるて〜のっ!”

この病院のお年寄りは高血圧ばかりだろうな。体に悪いよ。

結局ただの過労とのことでしたが、
次回はしっかり体調を整えて、病院に行こうと。
posted by あなたのまきちゃん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

あのコは「やり手」

こんばんは。

最近の政治家もお笑い芸人も、イケメンじゃないといけないのね〜
と、よだれを垂らしつつ、テレビに喰いついて離れない、
イケメン大好き☆まきこです。


さて。
今日はこんなことがありました。

家事を分担している我が家では、
家に一番いる人が、家事全般を請け負います。

先日も話したとおり、私は家でぐーたらしてばかり。
だから、必然的に家事当番が私に回ってきます。

しかし、普段は朝早くから夜遅くまで家を留守にしている妹も、
夏休みの今は、私と一緒に家でごろごろ。

私としては、一緒に家事をしてほしいから、
好都合なんですが…

ウチの妹はしっかり者。
家事から逃げるべく、特に用がなくても、さっさと出て行きます。

今日も、バイトがあるから!と言って、また家事をほったらかしにして、
さっさと逃げようとしたから、

「ちょっと!待ってよ!!あんた、全然やってないじゃん!!!!」
と怒ると、

「だって、時間ないんだもん。
分かった分かった、千円あげるから、家事やって!時給千円はおいしいでしょ?」

「……わかったよ。」

ついつい千円に惹かれてしまい、今日も家事をまたするハメに…。
確かに時給千円はおいしすぎる。


ウチの妹はしっかりしてます。
おばあちゃん曰く、「あのコは『やり手』だよ。」
posted by あなたのまきちゃん at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

あなたたちには、ついていけません。

毎度おなじみ、まきこです。


私は朝が弱い。
朝陽が大嫌い。
いつも活動を始めるのは、いいともを見終わってからだ。

大抵午前中は、家で一人で寝ている。
しかし、午前中は何かと来訪者が多い。
ほとんどが集金のおばさん。
新聞、ダスキン、生命保険…

「ピンポーン♪」
あ、誰かきた…
くっそぉ〜私を起こしやがって!シカトだっ!!

また寝る。

いつもはこうだが、今日はどうしても無視できなかった。

玄関先が騒がしい。
誰だ、こんな時間に!(といっても、朝の10時だけど)
チラっとドアの覗き穴から外を見ると、おばさんが3人話し込んでいる。
人の家の前で。
「はぁ〜あいつらかぁ…出て行きたくないなぁ」
と家の中から様子を伺っていると、

ピンポーン、ピンポーン、ピンポンピンポンピンポンピンポーーーーン♪♪♪

なぬ?!ろ、ろ、六連発か?!?!やるなぁ…
仕方ない。出てやるか。

「おはようございます。どうしたんですか?」

玄関にいたのは、お隣りのOさん、2階のKさん、3階のTさんだった。
(ちなみにウチは1階。)

しかし、3人とも私には目もくれず、ひたすら議論している。

「あのぉ…。」
「…………。」
「…………。」

5分くらいだっただろうか、ひたすら私は話しかけられることもなく、
ただぼんやりと3人を見ていた。
どうやら、マンションの管理会社がずさんな改修工事をしていて、
それに3人ともご立腹しているらしい。
この現状を打破するべく、今後の対策について熱心に案じているのだ。
それも人の家の前で。
6連発もして人を呼びつけて、何てひどい人たちだ。

呆れて見ていると、3階のKさんが私の存在にやっと気付いてくれたらしく、

「そういうことだから、お母さんにそう伝えておいてね!」
「はぃ…?」

何を私に託したのか分からぬまま、3人は各々の自宅へと帰っていった。


今日の3人とも、みんな70代のおばあちゃん。
元気がよすぎる。ついていけない。
こうやって、高齢者同士が仲良くしているのは、いいことだけど、
そのパワーには押されっぱなし。

月曜日のニュースで、日本の人口の5分の1が、65歳以上だと言っていた。
4分の1になる日も、そう遠くはないらしい。

今の老人たちは本当に長く生きていそうな気がする。
posted by あなたのまきちゃん at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

夏の思い出

こんにちは。ジョンくんです。
この夏はクーラーの効いた屋内にばかりいました。
9月に入り、気分的に涼しくなったので、外出しました。

それも遊園地に彼女とGO。

遊園地と言えば、絶叫マシーン。
その一方、コーヒーカップなどは女・子供の乗り物。
実際僕はコーヒーカップに乗ったことがないのです。

彼女の提案でまずその女・子供の乗り物”コーヒーカップ”から
乗ることになりました。

コーヒーカップの順番待ちに並ぶと、やっぱり女・子供ばっかり…“楽勝”。

早く絶叫マシーンに乗りたいなーと思いながら、コーヒーカップに乗り込むと、

“回すわよ”と彼女の不敵な笑み。
“いいよ”と余裕の笑みを返し、スタートのサイレン。

カップが動き出すと、彼女は髪を振り乱しながら一心不乱にカップを回し始めた〜。

はじめは余裕をかましていましたが、一気に目が回り、後頭部から背中に何とも言えない底知れぬ重みを感じ、体の真ん中から上の口と下の口に向かってすっぱい内蔵が出てきそう、止めて〜。

こういう時の時間って本当に長い。
“止めて〜”が“もう殺して〜”になるぐらい。

カップが止まった時、僕は自分の体が捨てられるなら、捨てたいぐらい最悪な気分。

その後はトイレに駆け込み、しばらく便器のひんやりした感じが僕を癒してくれました。

恐るべし、コーヒーカップ。
今度もしコーヒーカップに乗ろうと言われた、
コーヒーカップには絶対乗らない。
代わりに食器のコーヒーカップに乗ってやる。
posted by あなたのまきちゃん at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

もう夏も終わり。

こんばんは、まきこです。


先日ショックなことがありました。

旅行中、今日のサンダルは歩きにくいなぁ…と思って、
足元を覗いたら、な・な・なんとサンダルの片方が破壊しているのです。

さいあく〜


自慢ではありませんが、
私はひと夏に一足、サンダルを破壊します。

6月から10月まで4ヶ月しか履いていないのに、
驚く程色落ちがしたり、靴底が剥がれたり、ヒモが前置きなくちぎれたり…

というのも、私は局所多汗症です。
手の平と足の裏がいつも熱帯気候。
晴れた暑い日も、凍えるような寒い日も、
いつも運動後みたい。

年中ダイエットをしている友達から、

「運動をしていないのに、勝手にエネルギーを消費する、その手が羨ましい」

といわれたことがあるけど、
この手と足は、私にとってコンプレックスの何物でもありません。

第一、親友や妹から、
「バミすぎ!!」  (注:汗ばんでいるの略と思われる)
といつも煙たがれる。

そして、体育祭のフォークダンスでは苦労しました。
手を握られると、自分が汗ばんでいるのが分かるから、
すごいキモ男の
「あ、僕に緊張してるのかなぁ〜」
という勘違いを防ぐために、何度も体操服で拭いました。

あと、試験の時なんか大変。
センター試験では、時間がなくて焦るあまり、
手の中で、ナイアガラの滝が防波堤を突破して、大洪水。
問題用紙が破れる始末…

…このまま、私の手足伝説を続けると、
お食事中の人に非常に失礼なので、この辺で。


また今年も、サンダルが壊れて、
「夏も終わるなぁ〜」

今夜は仲秋の名月。
満月がきれいです。
posted by あなたのまきちゃん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

タクシー中毒症

(アフラックのCMより)
「よーく考えよー♪世の中お金だよー♪♪」

う〜ん、確かに!

こんばんは、まきこです。


突然ですが…
ワタクシ、非常にタクシーに乗るのが大好きなんです。

だってさ、だってさ、
あの糊の利いたシートカバー!う〜ん清潔っ。
ポイント指定で到着!お〜早っ。
涼しい車内!きゃ〜北極気分っ。
そして運転手さんとの軽快なトーク!うゎーお。

半年間だけ、諸事情でタクシーで通学していました。
まだ学生だから、もちろん自費じゃないけど、
大学の構内までタクシーで乗り付けるなんて、
ホント、VIPだ☆わ☆


でも、やっぱり私は所詮学生。
そんなに大金は持っていません。
でも、一度美味しい蜜を吸ったら、やめられない。
タクシー中毒症になってしまった私は、余裕のある時だけ、
お財布さんと相談した上で、タクシーに乗ります。

自分が運賃を払う時は、運転手さんとのトークなんてどうでもよくて、
ひたすらメーターとにらめっこ。

550円、640円、、、800円、、、960円、、、
あぁ〜(悲鳴)千円超えちゃうよぉーーー
1040円、1120円、、、、、、
タクシーなんか乗るんじゃなかったーーー

個人的に、千円を超えると、諦めモード全開になる。

家の手前50メートルで、
「ここが家です」
と言ってそそくさと降りる。

ちょっぴり軽くなった財布を手に、
「いつもメーター見ながらびくびくするんだから、タクシーはもうやめよう」
と誓う。

でも、また乗る。

貧乏性なのか、浪費家なのか、私にもまったくわかりません。


ただ、私の好きなタクシー会社に予約の電話を入れる時、
「○池●町の第3△△ハイツの…」
というと、受付嬢が
「(私の苗字)さんですね?」
と言ってくれるので、やっぱりタクシーはやめられないと思う今日この頃です。




おまけ。
最近のマイ・フェイバリット・ソング(笑)

オフコース『さよなら』より

♪もう、終わりだね〜、キミが貧しく見えるぅ〜〜♪

posted by あなたのまきちゃん at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

軽自動車の利害

こんにちは、ジョンくんです。

僕の“趣味”の仕事の職場は、ほとんどが男性で、女気がない。

だから制服を着たOLという存在に憧れを感じます。

先日、出張で地方に列車で行くことがありました。
駅に到着すると、出張先の方が車で迎えに来ていました。
それも若いOLさんが!

おぉ〜、膝丈のスカートの制服が眩しい。

軽自動車に案内され、後部座席に乗るのも気が引けて、助手席に乗りました。
するとこれがラッキー!
狭い車内の運転席には、膝丈のスカートが膝上まであがって、ナマ太ももが!!
それも手を伸ばせばめちゃくちゃ近い所に!!!!(手を伸ばせば犯罪だって)

ちょっとドキドキものでした。
軽自動車のこういう状況は、かなりGOODです。

仕事も無事終わり、駅まで送ってもらうことになりました。
軽自動車の助手席でちょっとドキドキしながら待っていると、

『すみません。担当が席を外していているので、私が駅までお送りします。
よろしいですか?』

とふくよかすぎる中年の男性社員が運転席に乗り込んできました。
その瞬間、なんとなく車が運転席側に傾いたような・・・。
ということで、僕の膝と運転席の男性社員の膝が当たりそうになりながら
駅まで送ってもらいました。
軽自動車はこういう状況ではかなりBADです。

posted by あなたのまきちゃん at 13:27| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

私も今日からAppler!!

まきこです。

ごぶさたーん。
ずっと旅をしていました。

今年一年は、お仕事で沢山のところに「タダ」で行きました。
飛行機だ、新幹線だ、バスだ、船だ、って乗りこなすうちに、
本当に日本は狭いと思うようになり、
ついには、

「九州なんて、私の庭よ!!」

そう豪語してます。


・・・すみません、お調子のり子です。



さて、ついに買っちゃいました。

iPod nanoを!

私はヘビーな(?)windows愛用者なので、
Macの製品は何となく手が付けられず、パソコン屋さんや病院で
目にする度に、Macはかっこいいなぁーと嫉妬していました。
でも、Macのマウスのボタンは一つしかないじゃん?
やっぱり人差し指を怪しげに動かせるwindowsの方がいいよね。何かと。

が、しかーし!
あの可憐で清廉潔白な白のボディに目がくらみ、ついに買ってもらいました。

nanoは、本当に本当に薄かった…。ため息が出るほどです。

きっとApple社の人たちは、おしゃれさんが多いんだろうね。うんうん。

これから色んなものが、うすピタになるんですねぇ。
アレみたいに。(アレって?ご想像におまかせします)


というわけで、私も今日から「Appler」。
街で私を見つけたら「そこのアップルさん!」と声をかけてください。
満面の笑みで、振り返ると思います。

私のパソコンにも、windowsのロゴのシールの上に、
りんごの大きなシールを貼っておきます。






posted by あなたのまきちゃん at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。