2005年12月01日

麗しき姉妹愛

ごぶさたーん!ゲッツ!!

まきこです。

朝は夢の中で、メイドとしてご主人様にお仕えし、
昼は2時ワクの山ヒロさんのハゲを拝み、
夜はベッドの上で、妄想にふける…
そんなハードな生活を送っていたら、
いつの間にか、あら、師走。

現代人は、忙しいぜ。ふっ。

久しぶりにまた冗談を言いたいと思います。


今日は、また久しぶりの登場、妹の生態について
日頃観察しているデータを基に紹介します。


ご存知の方も多いかもしれないけど、
名はさ○こ。

さ○こは家では「さーにゃん」と呼ばれる。
しかし、さーにゃんはそこまで猫を好いていない。

さーにゃんは、実はとても面白い。
そして、キモい。
さーにゃんは、内弁慶な面があるから、
素の状態で「日本キモさ選手権」に出場したら、
必ず優勝杯を持ち帰るだろう。
それぐらい、キモい。
そのキモさは常識を覆す程だ。
携帯のカメラを向ければ、人間とは思えない表情を
惜しげもなく披露してくれる。
その画像を受信した人は、必ず失神し、
翌日、それよりも凄まじい表情を試みるが、
自らの非力さを知り、愕然とする。
そして、生きる気力を失う。

私の親友から、「おつむが弱い」と指摘を受けるが、
さーにゃんの発想力には時々脱帽する。

ある日、自分の体型に焦りを感じ、
半身浴を思いついたらしい。

さーにゃん、お風呂遅いなぁ〜と風呂場を覗いてみると、

さーにゃんが、風呂桶とフタの間から顔だけ出している。
まるで、フタの上に生首が置いてあるみたい…

丸顔のさーにゃんが、えへへっと笑って半身浴をしている姿は
100人中102人が必ず爆笑の渦に巻き込まれる。
半身浴を始めようとしている、アナタ。
くれぐれもフタを閉めてやっていただきたい。

さーにゃんは「昔はエリートだった」と豪語する。
昔とは、小学から中学1年までだ。
小学2年生の頃、九九かけざん選手権でクラス1位になり、
小学3年生の頃、雑巾をどれくらい堅く絞れるかという選手権で
また優勝した。
雑巾の堅さに驚き、さーにゃんに恋する男子も少なくなかったらしい。
中学1年の担任の先生に、さーにゃんのIQはクラスで
ダントツにいいと言われて、調子に乗る。
文化祭では、合唱の伴奏に抜擢されて、毎日のように練習していた。

しかし、中学2年の頃から学年でも5本の指に入っていた成績が
急降下し始め、現在のさーにゃんの形成へと至る。


さーにゃんは、姉の私が大好きらしい。
そんな私を世間の一般ピーポーは、姉バカだとバッシングする。

違うのだ。

さーにゃんは姉まーにゃんが好きだという現実がここにある。
さーにゃんは、まーにゃんと結婚したいらしい。
どうしようか…本当に迷う姉の私。


今後も、こんな私達と仲良くしてやってください。


(注)私達はシスコンじゃありません。
  全て冗談です。
posted by あなたのまきちゃん at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

踊るヒット賞!

こんばんは。
卒業と留年の天秤の上を彷徨い続けているまきこです。
卒論という、世の中で最も意味のないものを
必死にかじり付いている自分がなさけない…(号泣)


さてさて。
ノッてきたので、冗談を言います。

今、ナイナイのオールナイトニッポンを聞いています。
中3の頃から聞き続けていますが、
若手お笑いブーム最盛期の今でも、99が一番。

そんなことより、
秋の特番の踊るさんま御殿SPで、岡村さんがピンで出演していて、
その日の踊るヒット賞が、岡村さんの発言した

「さんまさんに、死んでほしい…」

岡村さんがよくラジオで言ってる言葉だけど、
お笑い怪獣のさんまさんが、このまま頂点にのさばり続ける限り、
若手は成長しない。だから、敬意も込めて、
「もうさんまさん、いいでしょう?このあたりで引退しませんか?」
という意味でしょう。

で、いつも踊るヒット賞の発表の後、

「岡村さんには、後日素敵な物を贈っておきます」

っていうナレーションが入りますよね?

で、昨日岡村さんの元へ、踊るのスタッフが
素敵な物を持って突然現われたそうです。

まさか本当に賞品がもらえるなんて思っていなかった
岡村さんは、疑心暗鬼になって、
恐ろしい発言の賞品は何だろう…と恐る恐る開けてみたら、

○「踊るヒット賞」の賞状



そして…

○わら人形
○すごく太くて長い杭
○「呪いの本」
○さんまさんが、万遍の笑みで笑っている写真

以上だったそうです。


岡村さんは、窮地に追い詰められたら、
本当に使おうかと、考えているそうです。
posted by あなたのまきちゃん at 02:04| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

皆様、本当にありがとうございました。

前回の記事に対し、多くの方からコメントを頂きましたので、
そのお返事を書きます。

いや〜10人以上の方が、このつまらないブログを読まれているようで、
ちょっと安心したというか、調子に乗ってます♪


tomoさんへ
一年間、本当にお世話になりました。
記者会見を控えた前日、tomoさんの携帯にメールをしたことを
よ〜く覚えています。何も言わずに、事を進めてしまったから、
さぞかし不安だったでしょう。あの時は、本当にごめんね。
私は1年前に比べて成長できたでしょうか?
これからも、まず卒論、次にジョンくんと頑張りますので、
温かい目で見守ってください。


ちかさんへ
今思えば、一番ランタンが刺激があったし、勉強になったし、
何よりみんながまとまっていたようで、本当に楽しかったです。
就任したばかりのおはら祭りでは、何がなんだかよく分からずに、
様々なことが私達の意思を無視して進められていたから、
本当に申し訳ないのですが、熊本から来られた方の顔を
全く覚えていませんでした。それなのに、
お葉書を頂き、こんな気配りが必要なのかぁ〜と恐縮しました。
大変嬉しかったです。
また各々の地で、各々の人生を精一杯頑張りましょう。
またご連絡いたします。次に会える日まで楽しみにしています。


モトキチさんへ
あのぉ…
タスキ自体、物質的に軽いんですが、それを身にまとうことで、
重い責任がのしかかるということを言いたかっただけです。
つたない日本語で申し訳ございません。
おはら祭りに関しては、私自身ミスになるまで、
さっぱり興味がなく、参加したことは一度もありませんでした。
ただ、女の人が美しい二の腕を露にして、
太鼓の乱れ打ちをしていたり、おじさんたちがお酒飲みながら
若いコをナンパしていたり…と大変楽しいお祭りです(?)
カメラを片手に、是非一度見に行ってみてください。
何か感じるものがあると思います。


uhosukeさんへ
もっと長いコメント書きなよ。


ツルムスメさんへ
ご無沙汰しています。ブログ読んでくれていたなんて、
凄く嬉しいです。
福岡で、もっと飲みながらお話したかったです。
あのさつまいもの輪投げの写メは、好評で、
ブログに載せて良かった!と満足しています。
そういえば、10月の終わりに出水で鶴を見ました。
確かにカラスに似ていたけど、初めて鶴を間近で見たから、
感動しました。全国野鳥の会の人を実物で見たし。
鹿児島に来た際には連絡ください。新幹線で20分もかからないもんね。
また遊びましょう。


kosumiさんへ
あなたの瞳に比べて、私の人生なんて輝いていませんよ。
くすんでいるとです…(笑)
確かに華やかな存在に錯覚してしまう時もあったけど、
実際私たちはあくまでも「客寄せパンダ」に過ぎないから、
自分達の役割って、一体なんだろうってずっと考えていました。
でもすごく良い経験だったよ。
のんちゃんも、来年は応募してみたら?イケるかも。
また会いたいねぇ。


mukapanへ
新聞記事をチェックしてくれて、ありがとうございました。
夕方の鹿児島のニュースなんて、じいさんばあさんしか
見入っていないから、むかぱんからメールが入る度に、
むかぱん、やっぱり暇なんだなぁ…と再確認していました。
…失敬。
これからも、ミスター304として、頑張ってください。はい。
ここで返信するのも何々ですが、実はものすごく卒論がヤバイ。
本気で卒業か留年かの天秤にかかっています。
という訳で、私には今遊んでいる時間がありません。
お疲れ会は、むかぱんの朗報の後はいかがでしょうか?


旦那さんへ
いえいえ、いつまでもミス鹿児島をやっていたい気持ちは山々ですが、
ここは潔く引退しました。
その言葉だけで、大変嬉しく思っています。ありがとうございます。
これからもミクシィ仲間として、交流しましょう。
どうぞよろしくお願いします。


妹よ
キミの言葉には、号泣した。
やっぱりキミの姉であることを誇りに思うよ。…ゴホッ。(埃が舞っている)
キミが友達に黙っていたことは知ってたよ。
学園祭に行く時、ちゃんとキレイにしなきゃって真剣だったために、
新幹線の中で、お粉をパンパン叩きすぎて、隣りに座っていた
Nさん(年齢:推定30代)が、発作を起こしていた。
これからは、キミのストーカー☆マキコとして大活躍するから、
乞うご期待。
プリンはおいしかったが…そろそろダイエットの秋だよ。


キヨタへ
キミには“さん”はつけない(笑)
時々思うけど、私は何人のカメラに写り、何枚の写真が撮られたんだろう。
撮ってくれたのはいいけど、その写真を持ってこいや!と切に願っているよ。
「オタクは良い人だ」
この格言は、職場で生かされているだろうか?
周りのオタクとお友達条約を交わして、色々と頼めば、
ヨ○○シイチのアイドル☆キヨタの言う通りにしてくれるよ。
これが、ミス鹿児島としての最後の言葉だ。受け取ってくれ。
もう時間が迫っている。
では…さらばじゃ。
(追伸)今度会うときは、私達姉妹揃ってあげてもいいよ!



皆様、本当にありがとうございました。
今後もどうぞブログ共々、よろしくお願いします・
コメントも随時募集中。
posted by あなたのまきちゃん at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

本日は真面目に書かせていただきます

私、昨年の11月3日から昨日11月2日まで1年間、
第28代ミス鹿児島として活動してまいりました。

昨日、鹿児島県文化センターで行われた「おはら祭りの夕べ」にて
認証式が行われ、今までかけていたタスキを
新しい方々にはずしてもらいました。

早速ではございますが、この1年間を振り返ってみたいと思います。

まずこのミス鹿児島になぜ応募したか。
やはり鹿児島で「ミス」は知名度が高く、
小さい頃、おはら祭りのミスパレードで
キレイなお姉さんに手を振りながら、母が

「きれいだねぇ、ミス鹿児島。まきちゃんもなってみたら?」

なんていう冗談が、幼い心に深く響きました。
また、就職活動を前に、きっとミスの活動が
大きくプラスになるだろうと予想していたこと、
そして、これからの人生の中で、ミスという経歴が
キャリアアップを助けてくれるだろうと考えたのが、きっかけです。

今まで、何度か受験を経験してきましたが、
ミスの最終審査に合格したという電話が、
人生の中で最も嬉しく、興奮しました。
母と抱き合って感激したのを、鮮明に覚えています。
あの電話がかかってきた日から、もう随分経ったのですね。

鹿児島の顔としてPRするために、改めて鹿児島について勉強し直しました。
鹿児島市の主な観光地を訪れたり、パンフレットを集めたり。

鹿児島という閉ざされた社会が大嫌いで、
高校を卒業したら、絶対東京に行ってやると
大きな野望を掲げていましたが、
残念ながら大学受験に失敗し、
嫌々ながら地元の大学に進学しました。
自分の人生を恨むことがしばしばあり、
さらに鹿児島に対して嫌悪感を抱くようになりました。

「鹿児島が大嫌いなミス鹿児島」。
何とも皮肉です。

春先あたりから、県外でPRをすることが多くなったので、
鹿児島を外から初めて客観的に見ることが出来ました。
中央駅に帰ってくる度に、空港に降り立つ度に、
何とも暖かい雰囲気が私を包み込み、優しく迎えてくれる。

「あぁ、私はやっぱり鹿児島が好きなんだ…」

この1年間で、約40日間ミスの活動に取り組んできました。
北は金沢、南は沖縄まで、他2名の仲間と共に
県内外で執務をこなしました。

一見優雅そうに見えるこの仕事。
実は肉体労働です。
軽いけど、実は重いタスキ。
タスキをかければ、自ずと人々の視線が集まります。
あくびも出来ない、人前でのお化粧直しなんか禁物。
背筋をピンっと伸ばして、腹筋に力を入れて、
周囲に気を遣いながら、笑顔で手を振り続ける。
一日中、ハイヒールで立ちっぱなしのせいで、
次の日は筋肉痛や熱発で寝込むことが多々ありました。
普段の運動不足がたたっているせいもあるだろうけど。

鹿児島について、あらゆるジャンルの質問を受ける度に、
ひやひやすることも多々。
相手の期待に応えられなかったら、
そんなもんか…という表情をされてしまうので、
鹿児島に関する知識は、この一年で倍になったと思います。

また、県内外で、沢山の方に出会いました。
鹿児島市長の森さんをはじめ、市役所や公共機関で働く人たち。
各都市のミス。
お祭り交流で、おはら節を披露する踊り連のおばさま方…
一大学生が、こんなにオトナに混じって、
名刺交換をするなんて、思ってもいませんでした。
ファイルに300名程の名刺が収められています。
一期一会の大切さも身に染みて感じています。
多くの人に出会い、経験をし、勉強させてもらいました。

ミス鹿児島の任務を終え、
「お疲れ様でした。」と声をかけていただき、
ようやくこの1年の終焉をかみしめています。
色々なことが走馬灯のように浮かび上がり、
楽しかったことも、辛かったことも、全てが美しい思い出です。

未練や後悔はもうありません。
今日から、また一学生に戻って、学業に専念します。


最後になりましたが、
普段から応援してくださった方々、
ミスになって「おめでとう」と言ってくださった方々、
そして、いつもブログを読んでくださる方々、
本当にありがとうございました。
今後もどうぞよろしくお願いします。
posted by あなたのまきちゃん at 21:28| Comment(12) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

恋のマイアヒ〜♪

マイアヒー マイアフー マイアホー

マイアハッハーー!!


歌の途中ですが、こんばんは、まきこです。
もの凄いサイトを見つけてしまいました。
私は非常に興奮してしまい、
体内でアドレナリンがびんびんです。

http://www.geocities.jp/ysd_ak/0415/200504152.html

(注)携帯からは見られません。
  映像と音が出るので、見る時は気をつけてね。


最近、明石屋さんまが「恋から」で学んだ
マイアヒのパラパラにハマッてて、
それをあちらこちらの番組でやるものだから、
さんちゃん大好き母も、

「マイアヒって何?」

と質問してきました。

「えぇーっと、これはO-ZONEという人が歌ってて、
 この曲に出てくる飲まネコとエイベックスが云々…」

と説明したけど、イマイチ理解していない様子。でも、

「まぁいいや。この曲を着メロにして!」

と頼まれたので、携帯からダウンロードしてあげました。
ただ、母は何故か着メロは“オルゴール調”と決めているので、
恋のマイアヒが、とろ〜んと流れてきて、
私と妹はそれを聞いて脱力感を覚えます。

まして!

母はマイアヒを大声で歌う。



マイアハー マイアヒー マイアフー

マイアフッフ〜〜!!



違うって!!!!(姉妹揃ってズッこける)

ハーヒーフー フッフ〜じゃなくて、
ヒーフーホー ハッハ〜だよ。
posted by あなたのまきちゃん at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

「アグレッシブ」な一日。

新幹線や飛行機、長距離バスに乗ると、
チップスターが恋しくなるまきこです。わんばんこ。


今日は高校の同級生のむかぱん
(むかぱんのブログはリンクに貼ってるあるから、必見!)
と一緒に、暇暇コンビを結成して、南薩地方をぐるっと、
世界の車窓からこんにちは!のロケに行ってきました。

そんな番組ないけど。

今回のロケなんですけど、
テーマは「アグレッシブ」。

地図とにらめっこしながら、どこに行くかその場の気分で決めるという
何とも計画性がなく、適当なドライブ。

まず知覧の平和特攻会館を6年ぶりに訪れ、
一通りずど〜んと重い気分になった後、
リフレッシュも兼ねて、笠沙方面で夕日を見ることにしました。


知覧から加世田に向かい、大浦、笠沙へと向かう。
段々人気のない淋しいところになります。

道路の舗装も荒くなり、「落石注意」の看板がちらほら…


って、道路に普通に落石してるよ!!
しかも10個以上あるし。


やばいよ、笠沙。
なんて笠沙の石は、アグレッシブなんだろう…
皆さん、笠沙にお立ち寄りの際は活発な岩石にご注意を。


しばらくすると、笠沙の神秘的なリアス式海岸が続き、
道路は細くくねり始め、全く人気のないところ。

あ〜夕日がきれいだなぁ、癒され…


っておい、中学生がジョギングしてるし!!


文章ってまどろっこいものです。
この時の私とむかぱんの驚きはどう表現していいものか。
起伏の激しい道。
人家も近くに全くない。
なぜ女子が走ってるのかい???

野球部出身のむかぱんも絶句。
あれは学校ジャージを来た女の子の幽霊だったか。

とにかく、笠沙の女児はアグレッシブです。


無事鹿児島市内に戻ってきて、
むかぱんを家まで送り、自分の家に帰ろうとしたその時。


散歩中の犬が二足歩行して歩いている!!


最近二足歩行が儲かると、動物界で騒然でしたが、
無償で、なおかつ、メールをしてて犬にout of 眼中な飼い主への
忠誠心もさることながら、
二足で頑張る犬こそアグレッシブ。


世の中、知らないところで、色んなことがアグレッシブなのです。
posted by あなたのまきちゃん at 22:59| Comment(13) | TrackBack(1) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

ある日の恥ずかしい妹

鹿児島の夜の蝶になりたい、まきこです。
どうも、ごきげんよう。


夜10時前に帰宅した妹が、真剣な顔で私に相談を持ちかけてきました。

「ちょっと、聞いて!!今日最悪なことがあったんだって!」

話を聞いてみると…


妹は、鹿児島市内から1時間もJRに乗って通学しています。
自堕落な姉とは全く違い、朝早く学校に行き、夜遅く帰る生活を
余儀なくしています。

でも、さすがは私の愛する妹☆

朝はなかなか起きない。
だって毎晩夜更かししてるから、当然っていえば当然なんだけど。

毎朝1時間目が始まった時点で慌てて起きて、
昨日もお風呂に入らなかったけど、今朝も入る時間なんてない!!と
2日間お風呂を断念することもしばしば、
猛ダッシュで駅まで向かう毎日。

そんな多忙な日々を送っているから、
夜の山手線のサラリーマンのように、帰りの電車では夢の中によくいるそうです。


今日もまたぐっすりと眠りこけていたら、

「あのー着きましたよ…」

と見知らぬ高校生に起こされたらしい。

見知らぬ…
高校生……

ぷぷっ、恥ずかしいヤツ。
よっぽど熟睡してるように見えたんだろうね。

その高校生に起こされなかったら、
あやうく乗り過ごすところだったよ〜と本人は焦っていた。


それにしても…
その高校生は、実は妹の隠れたファンだったりして。

そんなワケないか。
posted by あなたのまきちゃん at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

な○みーの風邪。

はぁーーー

家にいて、寝てるだけなのに、
百メートルを全力疾走したくらい疲れているまきこです。

はぁーーー
だるだる。


一昨日からmixiと連動して、ブログをやっています。
偶然にもweb上で私を見つけて、メールや紹介文を
わざわざ書いて送ってくれるので、非常に嬉しい限りです。

フルエ、とーやん、スペシャルサンクス。

mixiに興味のある方は、コメント欄にメールを記載した上で、
私までお知らせください。



さて、今日の話題。

一昨日、私の親友が風邪を引きました。

友達の少ない私とは言えども、親友は4人もいます。ふふふ。
同じ名前の浜っコヤンキー姐さん、鹿児島にお住まいのな○みー、
札幌まで長旅に出てるミクロン、そして妹さ○こ。

妹は親友に入れないと思うんだけど、
友達が極端に少ないので、かさ増しということで、許してください。

で、そのな○みーが熱を出しました。

知り合ってから一度も風邪を引いているところを見たことがなかったので、
40度近く熱があると聞きつけて、慌ててお見舞いに行きました。

高熱にうなされている人って、
すごく苦しそうだけど、傍から見ると、すごく面白い。

まずとにかく息が荒い。
2百メートル走ったの?ってカンジ。
そして、うわの空のながらも言動が面白い。
多分本人は覚えていないと思うけど。

な「はぁはぁはぁーもう死ぬかも…」
私「あらあら」
な「くすり…」
私「今水を持ってくるから。その前に何か食べなきゃね。
  何食べる?」
な「ゼリー…」

ファミマで買った230円もする高級ゼリー(私にとっては超高級!)
を二口しか食べずに、

な「もういらない…」
私「もういらないの?もったいない!!(激怒)」

私が残りをしっかり食べる。

私「はい、薬。」

薬と水が入ったコップを手渡す。
すると、掃除機のような勢いで水を飲み干す。
無論顔は、水を飲むため必死だ。
そのパワーはどこから来たんだ?

そして一瞬の速さで、ベッドに倒れこむ。

はやっ…。


一昨日からの看病の甲斐空しく、
まだな○みーは風邪が治らない。

私は鹿児島にな○みーと妹さ○こしか友達がいないんだ。
早く治ってくれよ。
じゃないと、私は暇すぎて、こっちが死にそうだ。
posted by あなたのまきちゃん at 17:36| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

最近気になるオトコの人

まきこです。こんにちは。

珍しく日中に活動をしています。


さて、最近気になるオトコの人ベスト3を勝手にチェキラッチョ!!

@リリーフランキー
A猫ひろし
Bウチの近所で見つけた赤いタオルのおじさま


@リリーフランキー

この人は本当にやばい。

ココリコミラクルタイプに登場以来、
何かと気になる存在だった。

だって、この人思いっきり日本人じゃん?
なのに、何?この名前?!ってカンジじゃないですか。
真実と嘘…???みたいな。


ある日の夕方。何気なくNHK教育テレビをつけていたら、
「おでんくん」
という、画期的なアニメが放送されてた。

「…お、お、おでんくん?!?!」

思わずうろたえる私。
原作はリリーフランキーとなっている。

おでんの具たちが喋るという何ともシュールな世界。
私的には、たまごちゃんにライバル心を燃やす
「ガングロたまごちゃん」が好きです。

ご存知でない方は要チェック。
http://www.odenkun.net/
キャスト陣も豪華です。


最近書店で「東京タワー」という白い本が
平積みされているけど、
このふざけたリリーさんが書いたなんて信じられないくらい、
本当にステキな本です。
本当に泣けます。

東京タワーを読んで、一層リリーさんの実態が気になります。


テレビでは無口なジェントルマンを演じ、
ラジオではひたすたエロを展開、
マンガも描き、構成作家業もこなし、写真も撮る。
俳優さんからAV女優に至るまで、記事を書く文章家の一面も。

年中やるゼロなお顔のリリーさんのすっかり虜になってしまいました。
こちらもどうぞご覧ください。
http://www.lilyfranky.com/


A猫ひろし

「らっせ〜ら〜、らっせ〜ら〜、う〜んポーツマス、ポーツマス」

高速度で連打されるネタの嵐で、理解不能なことが多い。
が、猫ひろしを見ていると、ちっぽけな自分を発見します。

TBSオールスター感謝祭での、全国放送的活躍は目を見張るものがあって、
どうもアレ以来、猫ひろしが気になる。

「ニャア〜」
と母にしてあげると、喜ぶ。

今後も目が離せません!!


Bウチの近所で見つけた赤いタオルのおじさま

ある日、母を車に乗せて、
中央駅に向かっている途中、
家の近くで、何とも筆舌に尽くし難い第一村人発見!!

私「お母さん、あっちに変な人がいるよ」
母「…ぶははははは!!!!(大爆笑)」

その第一村人さん(推定50歳)は、本当にすごかった。
短パンにランニング、靴下はひざ下まで伸ばされていて、
赤いタオルを首にぶら下げ、そのタオルの両端をしっかり掴まえている。
イメージとしては、猪木の小さい版かな。
野球帽を浅く被っていて、ウチの車を穴が開くくらい凝視している!!!

なぜあなたはここにいるの?
なぜあなたは少々濡れてるの?
なぜあなたは赤いタオルなの?
なぜあなたは私を見つめるの?
まきこ困っちゃうぅ〜

疑問は溢れるばかり。

母「まきちゃん、あの人、見ちゃだめよ!」


世の中、色んな人がいるもんですねぇ。

人間バンザイ。
posted by あなたのまきちゃん at 14:24| Comment(1) | TrackBack(1) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

妖艶なさつまいも

更新をすっかり怠って、すんまそん。

まきこです。

ついつい忙しくって。


さてさて。みなさんご存知ですか?
今年は鹿児島にさつまいもがやってきて、300年という節目の年。

鹿児島県山川町にお住まいの前田利右衛門さん(職業:漁師)が、
1705年に琉球の国へ行かれたそうな。
琉球で食べた、得体の知れぬモノがおいしくて、
ついつい黙って薩摩の国へ持ち帰って、島津のお殿様に献上したそうじゃ。
お殿様は「むむっ!これはイケるぞ!!」ということで、
さつまいもが鹿児島から全国へと広まっていったらしい。

利右衛門という銘柄の焼酎は、りえもんさんの功績を称えているのですな。


鹿児島の観光を勉強してるだけあって、私ってさすが物知り!☆★☆
(自画自賛。)

ということで、おはら祭の翌日、11月4日から6日まで、
県内各地で、さつまいも伝来300年フェスティバルが行われます。

で、先日、おはら祭&さつまいも伝来300年フェスティバルのPRをしに、
福岡まで行って、お仕事をしてきました。

福岡の某テレビ局のイベント会場に、鹿児島の観光連盟主催のブースを設置し、
そこでさつまいもの紹介をしたわけですよ。

っていっても、さつまいもなんて、イマドキのマセた幼稚園児も
知ってるから、すごいインパクトのある方法じゃないと、
さつまいもの存在をアピールできない。

そこで、鹿児島の人たちが取った方法とは…


「さつまいも輪投げゲーム!!!」


これがスゴイ画期的。
これなんです。

200510091305000.jpg

このいも、なぜか土に直接生えてるの。
しかも本体に「2等」って書いてある優れもの。

全体の図はこれ。

200510091300000.jpg

ちなみに、
1等…芋焼酎
2等…スイートポテト
3等…さつまいもジュース
ハズレ…からいも飴

無料で参加出来るのに、この賞品のラインナップは結構豪華かも。

でもね、
この輪投げを実際見てみると、
さつまいもがさつまいもに見えない。
何ともアヤシイさつまいも。

これじゃ、教育上良くないような気がするのは、私だけ…?

posted by あなたのまきちゃん at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

バカ小学生まきこ

もうすっかり10月。
秋ですねぇ。

まきこです。

ワタクシ、数少ない友達の中でも「アイツはバカだ」
と言われることが多々ありますが、
小学生の頃も、やっぱり類い希なバカでした。


@バカな小学生 その1

私は地域の小学校ではなく、家から遠い小学校に通っていたので、
バス通学をしていました。

学校からバス停までの途中。
〜バカ小学生まきこの頭の中〜
「おぉ〜カップルが歩いてきたぞ!でへっ」

あちらの方から歩いてきたカップルに対し、
♪「昨日ね、ごはんが『カップ』に『ルゥー』だったの。
  合わせて『カップ・ルゥー』!!!」

大声で叫んで、からかおうと思ったバカ小学生。

予想に反して、カップルは無視してたけど…


Aバカな小学生 その2

小学5年生の頃から、一応本格的に塾に行かされていた。
あまり勉強は好きじゃなかったけどね。

中学校入試を控えていたある冬の日。

〜バカ小学生まきこの頭の中〜
「あ〜塾行きたくなぁぁい!
 よぉ〜し、さぼってやろっと。」

どうやってさぼろうとしたか。

「トイレで、う○こをしている間に寝てしまって、
 準備をするのが遅くなってしまったし、
 おまけにおなかもちょっと痛いから、
 塾休んでいい??」

とお母さんに、塾が始まるぎりぎりの時間に懇願したところ、
あえなく却下。かなり叱られて、すぐ塾まで飛ばされてしまった。


バカ小学生時代をまた思い出して、強力なものを書き留めておきます。
posted by あなたのまきちゃん at 16:57| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

愛しのホリエモン

どうも〜
萌え萌えまきたんです☆
ぷんぷんっ☆★


(失笑)


さて、最近夢見ました。

私の彼氏があのホリエモンだったとです…


私の夢劇場は最高に面白い。
まず自分が主人公。
そしてバラエティーにとんだ人が続々と出演してくれます。
ギャラを払わなきゃいけないくらいの、体当たりの演技で。

5年くらい前の初夢は、タッキーが登場。
私の卒業した中学校で、タッキーといちゃついていたら、
フライデーの記者が激写!!!
(何を隠そう、私はフライデーのヘビー読者。)
カメラマンのフィルムを奪おうと、タッキーと二人で、
ジャッキーチェーンばりに追っかけるという、
ハードコアな仕上り。

フォ〜。

で、ホリエモンの夢はというと、
まず、私とホリエモンは結婚を約束している間柄。
噂の彼女を強引に別れさせての、略奪愛―という設定だった。
もちろん私もヒルズにちゃっかり同居していました。

広島で、愛しの彼が亀ちゃんと必死に争っているその時、
豪華マンションで、カルビーポテトチップスをがむしゃらに食べていた私。

で、敗戦に散り、目も真っ赤にして東京に戻ってきたホリエモンを、
優しく励ましながら、ホリエモンにも、何故かポテトチップスを勧めていました…


すみません、オチはありません。


ただ、テレビでホリエモンを見る度に、
以前はあんなに気持ちが悪かったのに、
ホリエモンが愛しく見えて仕方がありません(笑)
posted by あなたのまきちゃん at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

お大事に〜

こんにちは。ジョンくんです。

先日はOLの制服で興奮しましたが、
今回は世の男性のほとんどが大好き・看護婦さんの白衣の話です。
それにしても、僕は制服フェチなんだろうか…

最近体調が悪く、夏の疲れだろうと思い、様子を見ていたけど、
出張中さらに体調が悪くなり、熱も出てきたので、
病院へ行くことにしました。

とある田舎のふつうの病院。
中にはいると多くの老人が待ち合わせ室にいて、
僕も同じように順番を待つこと約30分。

“ジョンさん、診察室にお入りください。”

診察室に入るや否や、心のなかで“お〜お〜”と叫んでしまった。
なんとピンクの白衣を着た看護婦さんが。
白衣じゃない。ピンク衣だ。
それになんとスカートの丈が短い、いや短すぎる。
先日のOLの比じゃない。
完全に膝上のスカートだ。
ここはイメクラか?

看護婦さんに血圧や熱を計られる僕。
もうドキドキ“もぉ〜血圧も熱も上がるて〜のっ!”

この病院のお年寄りは高血圧ばかりだろうな。体に悪いよ。

結局ただの過労とのことでしたが、
次回はしっかり体調を整えて、病院に行こうと。
posted by あなたのまきちゃん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

あのコは「やり手」

こんばんは。

最近の政治家もお笑い芸人も、イケメンじゃないといけないのね〜
と、よだれを垂らしつつ、テレビに喰いついて離れない、
イケメン大好き☆まきこです。


さて。
今日はこんなことがありました。

家事を分担している我が家では、
家に一番いる人が、家事全般を請け負います。

先日も話したとおり、私は家でぐーたらしてばかり。
だから、必然的に家事当番が私に回ってきます。

しかし、普段は朝早くから夜遅くまで家を留守にしている妹も、
夏休みの今は、私と一緒に家でごろごろ。

私としては、一緒に家事をしてほしいから、
好都合なんですが…

ウチの妹はしっかり者。
家事から逃げるべく、特に用がなくても、さっさと出て行きます。

今日も、バイトがあるから!と言って、また家事をほったらかしにして、
さっさと逃げようとしたから、

「ちょっと!待ってよ!!あんた、全然やってないじゃん!!!!」
と怒ると、

「だって、時間ないんだもん。
分かった分かった、千円あげるから、家事やって!時給千円はおいしいでしょ?」

「……わかったよ。」

ついつい千円に惹かれてしまい、今日も家事をまたするハメに…。
確かに時給千円はおいしすぎる。


ウチの妹はしっかりしてます。
おばあちゃん曰く、「あのコは『やり手』だよ。」
posted by あなたのまきちゃん at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

あなたたちには、ついていけません。

毎度おなじみ、まきこです。


私は朝が弱い。
朝陽が大嫌い。
いつも活動を始めるのは、いいともを見終わってからだ。

大抵午前中は、家で一人で寝ている。
しかし、午前中は何かと来訪者が多い。
ほとんどが集金のおばさん。
新聞、ダスキン、生命保険…

「ピンポーン♪」
あ、誰かきた…
くっそぉ〜私を起こしやがって!シカトだっ!!

また寝る。

いつもはこうだが、今日はどうしても無視できなかった。

玄関先が騒がしい。
誰だ、こんな時間に!(といっても、朝の10時だけど)
チラっとドアの覗き穴から外を見ると、おばさんが3人話し込んでいる。
人の家の前で。
「はぁ〜あいつらかぁ…出て行きたくないなぁ」
と家の中から様子を伺っていると、

ピンポーン、ピンポーン、ピンポンピンポンピンポンピンポーーーーン♪♪♪

なぬ?!ろ、ろ、六連発か?!?!やるなぁ…
仕方ない。出てやるか。

「おはようございます。どうしたんですか?」

玄関にいたのは、お隣りのOさん、2階のKさん、3階のTさんだった。
(ちなみにウチは1階。)

しかし、3人とも私には目もくれず、ひたすら議論している。

「あのぉ…。」
「…………。」
「…………。」

5分くらいだっただろうか、ひたすら私は話しかけられることもなく、
ただぼんやりと3人を見ていた。
どうやら、マンションの管理会社がずさんな改修工事をしていて、
それに3人ともご立腹しているらしい。
この現状を打破するべく、今後の対策について熱心に案じているのだ。
それも人の家の前で。
6連発もして人を呼びつけて、何てひどい人たちだ。

呆れて見ていると、3階のKさんが私の存在にやっと気付いてくれたらしく、

「そういうことだから、お母さんにそう伝えておいてね!」
「はぃ…?」

何を私に託したのか分からぬまま、3人は各々の自宅へと帰っていった。


今日の3人とも、みんな70代のおばあちゃん。
元気がよすぎる。ついていけない。
こうやって、高齢者同士が仲良くしているのは、いいことだけど、
そのパワーには押されっぱなし。

月曜日のニュースで、日本の人口の5分の1が、65歳以上だと言っていた。
4分の1になる日も、そう遠くはないらしい。

今の老人たちは本当に長く生きていそうな気がする。
posted by あなたのまきちゃん at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

夏の思い出

こんにちは。ジョンくんです。
この夏はクーラーの効いた屋内にばかりいました。
9月に入り、気分的に涼しくなったので、外出しました。

それも遊園地に彼女とGO。

遊園地と言えば、絶叫マシーン。
その一方、コーヒーカップなどは女・子供の乗り物。
実際僕はコーヒーカップに乗ったことがないのです。

彼女の提案でまずその女・子供の乗り物”コーヒーカップ”から
乗ることになりました。

コーヒーカップの順番待ちに並ぶと、やっぱり女・子供ばっかり…“楽勝”。

早く絶叫マシーンに乗りたいなーと思いながら、コーヒーカップに乗り込むと、

“回すわよ”と彼女の不敵な笑み。
“いいよ”と余裕の笑みを返し、スタートのサイレン。

カップが動き出すと、彼女は髪を振り乱しながら一心不乱にカップを回し始めた〜。

はじめは余裕をかましていましたが、一気に目が回り、後頭部から背中に何とも言えない底知れぬ重みを感じ、体の真ん中から上の口と下の口に向かってすっぱい内蔵が出てきそう、止めて〜。

こういう時の時間って本当に長い。
“止めて〜”が“もう殺して〜”になるぐらい。

カップが止まった時、僕は自分の体が捨てられるなら、捨てたいぐらい最悪な気分。

その後はトイレに駆け込み、しばらく便器のひんやりした感じが僕を癒してくれました。

恐るべし、コーヒーカップ。
今度もしコーヒーカップに乗ろうと言われた、
コーヒーカップには絶対乗らない。
代わりに食器のコーヒーカップに乗ってやる。
posted by あなたのまきちゃん at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

もう夏も終わり。

こんばんは、まきこです。


先日ショックなことがありました。

旅行中、今日のサンダルは歩きにくいなぁ…と思って、
足元を覗いたら、な・な・なんとサンダルの片方が破壊しているのです。

さいあく〜


自慢ではありませんが、
私はひと夏に一足、サンダルを破壊します。

6月から10月まで4ヶ月しか履いていないのに、
驚く程色落ちがしたり、靴底が剥がれたり、ヒモが前置きなくちぎれたり…

というのも、私は局所多汗症です。
手の平と足の裏がいつも熱帯気候。
晴れた暑い日も、凍えるような寒い日も、
いつも運動後みたい。

年中ダイエットをしている友達から、

「運動をしていないのに、勝手にエネルギーを消費する、その手が羨ましい」

といわれたことがあるけど、
この手と足は、私にとってコンプレックスの何物でもありません。

第一、親友や妹から、
「バミすぎ!!」  (注:汗ばんでいるの略と思われる)
といつも煙たがれる。

そして、体育祭のフォークダンスでは苦労しました。
手を握られると、自分が汗ばんでいるのが分かるから、
すごいキモ男の
「あ、僕に緊張してるのかなぁ〜」
という勘違いを防ぐために、何度も体操服で拭いました。

あと、試験の時なんか大変。
センター試験では、時間がなくて焦るあまり、
手の中で、ナイアガラの滝が防波堤を突破して、大洪水。
問題用紙が破れる始末…

…このまま、私の手足伝説を続けると、
お食事中の人に非常に失礼なので、この辺で。


また今年も、サンダルが壊れて、
「夏も終わるなぁ〜」

今夜は仲秋の名月。
満月がきれいです。
posted by あなたのまきちゃん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

タクシー中毒症

(アフラックのCMより)
「よーく考えよー♪世の中お金だよー♪♪」

う〜ん、確かに!

こんばんは、まきこです。


突然ですが…
ワタクシ、非常にタクシーに乗るのが大好きなんです。

だってさ、だってさ、
あの糊の利いたシートカバー!う〜ん清潔っ。
ポイント指定で到着!お〜早っ。
涼しい車内!きゃ〜北極気分っ。
そして運転手さんとの軽快なトーク!うゎーお。

半年間だけ、諸事情でタクシーで通学していました。
まだ学生だから、もちろん自費じゃないけど、
大学の構内までタクシーで乗り付けるなんて、
ホント、VIPだ☆わ☆


でも、やっぱり私は所詮学生。
そんなに大金は持っていません。
でも、一度美味しい蜜を吸ったら、やめられない。
タクシー中毒症になってしまった私は、余裕のある時だけ、
お財布さんと相談した上で、タクシーに乗ります。

自分が運賃を払う時は、運転手さんとのトークなんてどうでもよくて、
ひたすらメーターとにらめっこ。

550円、640円、、、800円、、、960円、、、
あぁ〜(悲鳴)千円超えちゃうよぉーーー
1040円、1120円、、、、、、
タクシーなんか乗るんじゃなかったーーー

個人的に、千円を超えると、諦めモード全開になる。

家の手前50メートルで、
「ここが家です」
と言ってそそくさと降りる。

ちょっぴり軽くなった財布を手に、
「いつもメーター見ながらびくびくするんだから、タクシーはもうやめよう」
と誓う。

でも、また乗る。

貧乏性なのか、浪費家なのか、私にもまったくわかりません。


ただ、私の好きなタクシー会社に予約の電話を入れる時、
「○池●町の第3△△ハイツの…」
というと、受付嬢が
「(私の苗字)さんですね?」
と言ってくれるので、やっぱりタクシーはやめられないと思う今日この頃です。




おまけ。
最近のマイ・フェイバリット・ソング(笑)

オフコース『さよなら』より

♪もう、終わりだね〜、キミが貧しく見えるぅ〜〜♪

posted by あなたのまきちゃん at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

軽自動車の利害

こんにちは、ジョンくんです。

僕の“趣味”の仕事の職場は、ほとんどが男性で、女気がない。

だから制服を着たOLという存在に憧れを感じます。

先日、出張で地方に列車で行くことがありました。
駅に到着すると、出張先の方が車で迎えに来ていました。
それも若いOLさんが!

おぉ〜、膝丈のスカートの制服が眩しい。

軽自動車に案内され、後部座席に乗るのも気が引けて、助手席に乗りました。
するとこれがラッキー!
狭い車内の運転席には、膝丈のスカートが膝上まであがって、ナマ太ももが!!
それも手を伸ばせばめちゃくちゃ近い所に!!!!(手を伸ばせば犯罪だって)

ちょっとドキドキものでした。
軽自動車のこういう状況は、かなりGOODです。

仕事も無事終わり、駅まで送ってもらうことになりました。
軽自動車の助手席でちょっとドキドキしながら待っていると、

『すみません。担当が席を外していているので、私が駅までお送りします。
よろしいですか?』

とふくよかすぎる中年の男性社員が運転席に乗り込んできました。
その瞬間、なんとなく車が運転席側に傾いたような・・・。
ということで、僕の膝と運転席の男性社員の膝が当たりそうになりながら
駅まで送ってもらいました。
軽自動車はこういう状況ではかなりBADです。

posted by あなたのまきちゃん at 13:27| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

私も今日からAppler!!

まきこです。

ごぶさたーん。
ずっと旅をしていました。

今年一年は、お仕事で沢山のところに「タダ」で行きました。
飛行機だ、新幹線だ、バスだ、船だ、って乗りこなすうちに、
本当に日本は狭いと思うようになり、
ついには、

「九州なんて、私の庭よ!!」

そう豪語してます。


・・・すみません、お調子のり子です。



さて、ついに買っちゃいました。

iPod nanoを!

私はヘビーな(?)windows愛用者なので、
Macの製品は何となく手が付けられず、パソコン屋さんや病院で
目にする度に、Macはかっこいいなぁーと嫉妬していました。
でも、Macのマウスのボタンは一つしかないじゃん?
やっぱり人差し指を怪しげに動かせるwindowsの方がいいよね。何かと。

が、しかーし!
あの可憐で清廉潔白な白のボディに目がくらみ、ついに買ってもらいました。

nanoは、本当に本当に薄かった…。ため息が出るほどです。

きっとApple社の人たちは、おしゃれさんが多いんだろうね。うんうん。

これから色んなものが、うすピタになるんですねぇ。
アレみたいに。(アレって?ご想像におまかせします)


というわけで、私も今日から「Appler」。
街で私を見つけたら「そこのアップルさん!」と声をかけてください。
満面の笑みで、振り返ると思います。

私のパソコンにも、windowsのロゴのシールの上に、
りんごの大きなシールを貼っておきます。






posted by あなたのまきちゃん at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。